クールビズの季節

とうかつ経営支援グループ_澤田今年もクールビズの季節がやってきた。環境省からは既に冷房時の室温28度Cでも快適に生活対応出来るよう推進を発表している。地球温暖化対策、節電への取り組みだ。ノーネクタイ、ノージャケット、ワイシャツで無く開襟シャツでも良しとするルール感覚は定着してきている。商店街での売り場には涼しげに快適さを売り込む商品があふれている。まさに軽装でかっこよいビジネススタイルだ。この時期に先駆け体型づくりに精を出した人もいるとのことだ。折角着衣に心しても,露出度を増す事による暑苦しさの目立つ体型ではいかがかと気になるのであろう。また、当初は営業マンが訪問先で失礼にならないかと気になることもあったが現在では互いに認め合う状況である。

と言っても小生は 仕事時にはクールな服装になりきれてないのが現状だ。相変わらず背広にワイシャツ、ネクタイ着用から抜け出せない。決して無理をしている積もりはないが、涼しげな顔をしつつも,服下は汗びっしょりであることも事実。出講先で「クールビズ推進中ですので失礼しますと」気遣いを要求している事の反省もあるのだが,切り替える決断が弱いのである。「私の制服です。職業柄の制服は暑いからと言っても軽装にできないこともあるのだから」と自説を吐いているが、着こなし、体型への自信のなさがブレーキを掛けていることが本音である。読者諸氏はいかがであろうか。

そこで、今回はクール(cool)感に着目することとした。なぜなら,ビジネス上での戦略、施策、提案検討、意思決定、対人関係、部下育成,リーダーシップの発揮等々でもこのクール対応は不可欠であるからだ。

クール感覚は的確な遂行力を創造する

たとえばリーダーシップの発揮に着目しても「企業組織でのリーダーシップとは、思いを決定し、関わる人に発信し、心からの協力を得る。そして、達成のプロセスでは是々非々の統制力を生かし、成果を生み出すことである」と小生は意味づけし、ここには意思決定→発信→協働→統制の流れがあり、その根底には人物的影響力がある。  現実には、実績を形成した人をリーダーシップがある人と称される事が事実であり、人が良いだけではダメ、厳しいだけでもダメと評される。ウオーム(暖かさ)とクール(冷静な判断と言動)の良きバランスが必要であるということだ。そこには是々非々の事実根拠の冷静なる評価による、褒めと叱咤激励が最適に施される事である。そのバランスは個々人によって、集団の特性によって対比は違うことは言うまでもない。

改めて確認してみよう。coolとは「「冷静」「さわやかな様」「清涼」とか、冷めた様、落ち着いた様との意味であるし、さらに「冷静」の意味を確認してみると感情にかられたり、物事に動じたりしないで、落ち着いている様子と記されている(新明解国語辞典)。このクール感覚の良さを時に目にするプロ野球のマウンド投手に観ることがある。一球一球に表情を崩さず,たとえ打たれてもじたばたせず、抑えても淡々と投げ続ける姿は,見ていても安心感があり、多分相手には重圧を与えているのである。静かなる闘争心が、その都度の条件を読み、投球術を最高に組み立て、その投球が効力を重ねている。時には捕手のサインに首を振ることがある事も確認できる。

ビジネスも同様に、季節、仕事で暑く、熱くなる中でもcool感覚での対応が最適に施されることが肝心である。それでなければ気ばかりはやり、付加価値の生まない空回りの一所懸命である。また、受け入れられない独りよがりの熱血指導では、動作を真似させることが出来ても「何故,どうしての」知的指導がおろそかになる。

何事にも,何故の根拠があり、その改革には理にかなう対策がある。だからこそ,関わる人の理解、納得を基に、献身的協力を得て確実なる成果を創造するのである。

新年度、新任から2ケ月経った。新たな心意気の熱力も新たな条件になじむ頃である。熱き心の無我夢中での活躍に、涼しさを加えて冷静に現況を見据え、実施に向けての最適条件の再考如何と、実践状況を是々非々で診断してみる時期でもある。ムダが在るなら断捨離のクールさで剥がして軽くすることも良い。

いざというとき「冷たい人」になれるか・・。

クールの涼しげさから、さらにコールド(cold)と深めてみよう。クールな人から冷たい人の境地である。ビジネス上に置き換えてみると冷たさ、冷酷と詰めていき、「非情」の施しに結びつく。

先日経営者対象セミナーで倫理経営を説くN講師から「トップとして一番必要な資質を一つあげるとしたらそれは何か」との問いかけがあった。多くは「明朗」であり、「素直」であり、「根性」という。確かに前向きな腹の底からでてくる朗らかさは、周囲に安心を生むし,人も寄ってくる。学ぶ心、事に取り組む素直さは、より器を大きくし発展を期す,企業はトップの器以上に大きくならないと言われる所以である。そして、粘り強さ,参った言わない根性は何事も成就させる。しかし,この資質はトップに限らず、程度の差が在れ、すべての人に共通する事であるとも考えられる。とすれば最も求められるのは何か「非情である」と説いた。企業は環境適応業、絶えず変化に対応せねばならない。それは順調なときばかりでない。時には閉鎖、リストラ,取引停止、融資ストップなど冷酷無比と表される事を決断、実行しなければならない。企業再建の成功例も類した手段の結果である事は周知の通りである。そこには血も涙もないと攻められる事態がないとはいえない。勿論、トップの私利私欲で決するわけではない。冷静なる思考に基づく、戦略、戦術であり、全体の最良な条件作り、先に向けた最適施策であり、個々人の今後の真の喜びづくりなどを前提に考えてのことである。当然人の痛みを感受しつつ、時を経て、感謝の享受を見据えて、自己との戦いを超えてのやむにやまれずの勇断である。

従って、一時の恨みを覚悟しつつも,あの事があったからこそ今日の自分がありますと解って頂くときが必ずあるとの自信も秘めている。読者諸氏はいざというときの非情さ,いかがであろうか。勿論この事態に追い込まれないことが肝心であるが・・。

非情な心境での対応場面はトップ・幹部だけではない。身近に引き寄せて見れば、取引事での値引き交涉、トラブル時の保証の有り様、育成上の叱り、要請事項への断り、有無を言わせぬ指示、規則違反の懲罰などがある。共通項としては、たとえ一時的な感情的やりとりが生じても、利他主義に基づいて、先に向けての最高状態(相手,全体)づくりを考えてのことである。

しかし,実践の現実はたやすくない。それは、いざ実践する時に自己保身にはまるからである。たとえば断りの行使に着目しても、理不尽な要請事項だ、自分では無理だ、断らなければならない、断ることによりもっと良い方策があるはず、断ることが良い方向に向くはずだと判断し、意思決定していても、「あなただけしかいない」「助けて下さい」などと言われると「いい人」にこだわり、嫌われたくない、何とか自分が無理すればとの根拠なき論を自分に言い聞かせ、断り切れずに請けてしまうこともある。「冷たいヤツだ」、そんな人だったのか薄情だな、と言われたくない心情がそうさせているのである。結果がダメだったときには取り返しがつかないと解っていてもである。こんないい人は、まさかの結果になったとき「実は無理だと解っており、断ろうと思った」等との言う言い訳で自己弁護することも多い。まともに向かい合うことのなかった見せかけのいい人が最も「自己保身優先の冷たい」人である。

コンプライアンスの切り口で追求すればより、毅然とした断りの行使が重要である事は論ずるまでもないのだが・・・。「罪悪感を持ちながらも18年間作曲のゴーストライターをしておりました」との話題も記憶に新しい。

組織は、仕事は選べない、不可能を可能にするのがその人の力だ、1人で無理なら人の力を借りれば良い・・承知のことであっても、過期待(自己能力での無理)であり時間的制約での事の達成の可否等深慮しても、無理との判断は正論ある。ならば心を鬼にしても断るべきとの、非情さを発信せねばならぬ事も在るはずだ。それが関わる人との最適な関係づくりであるからだ。

いい人で在りたい,格好つけたいとは誰でも心中にあるもの。しかし,職責を全うする上では情を持ちながらも,超えて冷酷なる対応を断行せざる時もある。上に立つ人の、人をいかし、組織・企業を存続させるとは、この非情な心も金庫に入れている事である。その事が「仕事が出来る人」の条件である。

ビャーガーデンもオープンした。グイと一気に飲み干す冷たいビールの味は格別である。時候に沿って,気にする言葉に心を添えて記してきた。気がつけば小生の自己改善の診断にもなっているなと気づいた事が面白い。

 

2015年5月 KSG髭講師 澤田 良雄筆

次回セミナーの予定