5月N県経済団体様のセミナー講師として出講した。開始前、控え室でご担当者との打ち合わせの折り、「先生久しぶりです。社長、専務からよろしくとのことです。これ・・」と言って、手みやげを頂いた。思わず立ち上がり弾む心での握手。N社3人とは9年ぶりだ。出版を主とした若き会社の勢いにトップ陣と3年ほど人材育成に関わった。初期目標を一区切りとして、又の機会をと交流を続けてきた。今セミナーの情報を得て、小生が来るならと受講(2会場)と訪問挨拶を考えたとのことだ。研修会場でも、彼らのオーラと小生への積極的支援が他への良き影響となり嬉しかった。小生にとって至福の時だ。

帰路車内で想いに浸った。前日は県内で25年前5年間出講した大手部品メーカA社の当時ご担当部門3人様と会食した。ここ数年の出講機会のお引立てに感謝しての事である。それに、昨年までの3年間、21年ぶりですとF県大手電子部品メーカーO社関連企業部長様からお声掛けでの研修、「新人が商工会議所主催セミナーにで先生にお会いしたそうで」と当時専務、現社長から19年ぶりの県内B社研修(昨年)。10年空きましたが、又育成条件が整いましたので、以後8年間現在も出講している都内O社・・。ここにきて、F県経済団体での1日セミナーに受講、8年経ちましたが当社の研修頼みますとのお声掛けで対応の運びとなった。F県内は勿論で全国的にフアンの多い銘菓S社である。そういえば洋上研修船同期会の桜観覧同窓船(都内)も16年目となった。次々とご縁のありがたみに思いをはせ、謝念を重ねた。

タイトルの言葉は研修先のポンプメーカーO社長がいみじくも小生に語った言葉である。「小才は縁に出会いて、縁に気づかず、中才は縁に気づいて縁を生かさず、大才は袖すりおうた縁を活かす」という言葉もある。人は出会い、関わり合い、支え合いの時がある。そこでどれだけの施し(専門的、人間的)が出来るか、そしてできた縁を、生涯の相互支援のパートナー的お付き合いが出来るかが大切とは、周知の通り。肝心なことはそのための実践をどうするかである。

小生の実践は「葉書道」「おかげさまの感謝のお届け」である。お世話になった方には、すぐお礼の手書き葉書を書く。名刺交換した方にも書く。小生が呼びかけして受講された方に書く。セミナー参加に派遣してくれた社長様に書く。この実践。勿論お会いできた喜び、お世話になったおかげさま、お応えいただいた感謝を表してである。以後、小生筆の拙文のご送信や情報のご提供やらを随時施させていただく。賀状の交換は言わずもがである。勿論自然に縁も淘汰たされていく。特に企業関係者様は業務での縁活かしもあるから、他業務にお変わりだと心し、エールを送っている。「相手から切れた縁は回復できるが、こちらから切ったら回復できない」事を肝に銘じているからである。

時には、小生の課題に、ご意見、情報を頂くことを依頼する。早速ご対応いただけることがありがたい。互いに支援し合える縁が生きるからである。

申しあげておくが、縁活かしもこちらの利ばかりを求めての言動は御法度である。小生も時折、打算的関わりに閉口することがあるが「商機の切れ目が、縁の切れ目になる」のでは持論の枠外である。大事な事は事前よりも、事後の心のかけようがその本意である。案外、頼む時は熱心だが、それが成された後は軽視する輩がいることも事実。

現在は業務のスピード化と質の高さが求められる。その対応には、自分と異なった特性を有する方との交流が生きる。縁を生かしての幅広い人脈を築く時である。

新人も3日月目、慣れてきた。新人には、ご指導受けたらありがとう、以後これだけこうなりましたの感謝の報告することを指導する。自己都合が成されれば「リセット」ではあまりにも貧相な社員に成り下がるからである。これでは 先に向けて協力を頂けるビジネスマンには成長できない。

御社新人の現状ではいかがであろう。当たり前のことを当たり前に出来る事を徹底的に習慣化させる指導の時である。でなければ慣れがミスを呼ぶ。

H26.3.19掲載 (H25.6.7に「髭講師の研修日記」に投稿 澤田 良雄

次回セミナーの予定