熾烈な競争や厳しい経営環境を克服し、継続的に企業の生成発展をはかるためには、適確な成長戦略の立案とその実践が不可欠であります。今回のセミナーでは、立案や実践に関するポイントやノウハウについて、経験豊富な講師が、具体事例をまじえ、わかりやすくご説明をいたします。ぜひとも今後の事業展開に、活かしていただきたく思います。

セミナー情報

  • 開催日時:5月25日(木)18:00~20:00(開場17:50)
  • 講演:90分+グループ討議:20~30分
  • 開催場所:市民活動推進センター大会議室 (流山生涯学習センター3階)
  • 交通手段;TX流山セントラルパーク駅より徒歩3分 駐車場有
  • 講師:清水一都(KSG理事 中小企業診断士)
  • 受講料:2,000円(但し、賛助会員は無料)
  • 定員 : 20名 (先着順)

プログラム

18:00~19:30:講義(90分)

  1. 成長戦略とは(一般定義や日本政府の考え方)
  2. 成長戦略構築や推進時のポイント
    ①将来ビジョンを踏まえたマーケティング活動
    ②自社実力の冷静な見極め
    ③バランスのとれた経営感覚
  3. 具体事例にみる成功例・失敗例

19:30~19:40:休憩(10分)

19:40~20:00:ディスカッション(20分)受講者によるグループ討議(意見交換・情報交換)

セミナー申込み・問合せ方法

FAXでのお申込み

セミナー申込書を以下からダウンロードし、下記へFAXください。

「勝ち続けるため、生き残るための 中小企業の成長戦略とは!」申込書・ダウンロード

※本申込書に記入された個人情報につきましては、セミナー開催に係る受講者の確認、受講者名簿の作成、出欠確認およびセミナー運営に関する連絡のみに使用いたします。

申込書FAX送信先:04-7159-9808

電話・メールでのお申し込み、問合せ先

会社名・屋号、ご住所(所在地)、TEL、E-mailアドレス、受講者お名前をご記載頂き、下記宛にご連絡ください。

NPO法人とうかつ経営支援グループ(事務局:有馬慎太郎)宛

  1. 電話(FAX兼用):04-7159-9808
  2. Mail:cnh-arima-ssntm@tbj.t-om.ne.jp
  3. KSG代表Mail:info@npo-ksg.org

勝ち続けるため、生き残るための 中小企業の成長戦略とは!セミナー実施結果

1.受講者

勝ち続ける中小企業セミナーイメージ応募者5名 参加者10名

2.セミナー体制

  • 司会担当  有馬 慎太郎
  • 受付担当  小川 正治
  • 報告書作成 廣川 誠一郎
  • 講 師   清水一都(ものづくり補助金)

3.セミナー内容

「勝ち続けるため、生き残るための中小企業の成長戦略セミナー」講義:清水 一都18:00~19:30

成長戦略とは(一般定義や日本政府の考え方)
    • 安倍内閣の政策として成長分野への肩入れについて、役所が介入すべきではない。
    • 企業にとっては、アンテナを張り巡らしてあらゆる情報を参考に、成長分野を見極めるしかない。
    • 特別支援助成金事業(補助金)の中に、観光や農業が入っていない、何故か航空機が入っている。
成長戦略構築や推進時のポイント
  • 将来ビジョンを踏まえたマーケティング活動
    ・日経バリューサーチによる業界業績比較、売上高はモバイル、平均年収は商社が高く、製造業は低い。
    ・コンピューターの発達で、これから自動化される仕事が増えるが、代替されにくい仕事もある。
  • 自社実力の冷静な見極め
    ・SWOT分析による環境分析とその注意点、SWOTクロス分析で戦略を見極めることが重要である。
    ・アンゾフの製品戦略マトリクス、市場と製品を既存と新規からみてどのような戦略が考えられるか。
  • バランスのとれた経営感覚
    ・これからの成長が見込める分野の見極め方について、関連分野別にその考え方と注意点を解説した。

18:45休憩5分

具体事例にみる成功例・失敗例
  • S社の製品戦略についての評価は2つに分かれるが、受講者の採決は、賛成2/3反対1/3となった。
  • N社の事例、集中戦略により業績を伸ばしたが、既存財団や大手会社と同じようになりつつある。
  • N社の事例について、受講者2名に評価をしていただき、最後に講師が解説して講義は終了した。

ディスカッション 19:30~20:00

受講者10名を、2班に分けて5名ずつでグループ討議を行い活発な意見交換が行われた。

報告者の感想

*今回、当日受付も多く参加目標数の10名となり、参加者全員、講義を真剣に受講されていました。